カードローンが発行されるまでの流れを知っておけば安心して申し込ますよね

申し込みに必要な書類

カードローンは銀行や消費者金融で申し込みをすることが可能です。申し込みを行うのであれば必要となる書類がいくつかあります。カードローンの申し込みは窓口のほかにも郵送などでも申し込みは可能ですが最近はネットでの申し込みが主流となっているようです。

どの場合であっても必要となってくる書類は同じとなります。名前や住所、生年月日や勤務先に年収などを記載する申し込み書類は当然必要となる物ですが、それ以外には基本的には身分証明書が必要となります。

運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カードに外国人登録証やパスポートなどからどれか一つのコピーを提出すればよいということになります。こうした身分証明書は日々持ち歩いている人も多いので準備をするのに戸惑うこともないでしょう。

今どきは大きな金額の融資を希望しないのであれば提出書類はこれだけ済む場合が多いようです。希望融資金額が大きい時などは収入証明書の提出を求められることがあります。源泉徴収票や課税証明書、所得証明書などの中から一つのコピーを提出することになります。

これらの書類の中には役所や税務署に出かけて取得しないといけないものがありますので注意しましょう。カードローンの申し込みに必要な書類は基本的にこれ以外の物は必要とはなりません。他に必要なのは印鑑くらいかと思われます。

収入証明書などは手続きをスムーズに進めるためにも予め役所などで取得しておいて申し込みを行うと良いかと思われます。

申し込み方法

カードローンを申し込むためには何となくあれやこれやと手間がかかるのではないかと思ってしまいます。しかし、申し込み自体は驚くほど簡単に終わってしまいます。

申し込みには店舗での申し込みや郵送や電話などがありますが、最近最もポピュラーな申し込み方法はネットからの申し込みとなっています。

なんといっても手軽に24時間いつでも申し込みが出来ることから人気となっているようです。

特にネットですので人の目を気にしないで申し込みが出来ると言うことが受けているようで契約者数を大きく伸ばしているのです。銀行や消費者金融のネットのサイトから必要事項を入力をして申し込むことになるのですが、気を付けたいのは虚偽を記載しないことです。

特に他社借り入れ額や件数などは虚偽を入力しても銀行や消費者金融では信用情報を持っているのですぐにバレてしまうからです。虚偽を記載すると心象も悪くなるので止めましょう。また、当然ながら申し込みは本人が行うことです。

代理人が申し込みをすることは禁止とされています。基本的に成人であれば誰でも申し込むことができるのですが、定職がなかったり収入がないと言うことですと審査をスルーするのは厳しいと思われます。

審査結果もメールで送られてくることが多く、最初から最後まで銀行や消費者金融の担当者と接する場面はほばないのです。

カードローンが実際に利用できるまで数日の日数を要することもありますが、最近では即日で利用が可能となるカードローンも存在しています。

カード発行までの流れ

カードローンをネットで申し込むのは簡単です。銀行や消費者金融ではほとんどの場合、ネットにサイトを持っており、そこから必要事項を入力して申し込むことが可能です。

必要事項は名前や住所ももちろんのこと、勤務先や勤続年数、年収や家族構成に他社借り入れ件数が額など審査を行うのに必要な事項を入力することになります。

これだけで基本的に審査が始まります。審査の途中には在籍確認といって本人確認の電話が入ってくることもあります。その場合は対応が出来るように準備をしておきましょう。

本人が申し込んだかどうかの確認程度で余分なことは何も聞かれません。審査を無事にスルー出来たら必要な書類を提出することになります。50万円までの融資希望額ならば運転免許証や健康保険証などの身分証明書を揃えることができれば十分です。

身分証明書を写真に撮りパソコンやスマートフォンなどを利用してデーターを送信することになります。融資希望額が大きい時や金融機関から求められたときは収入証明書を提出することになりますが、提出方法は同じく写真を撮ってデーターを送信すると言う方法になります。手続き自体はこれで終わりです。

即時対応をしている消費者金融などはすぐに融資を受けることも可能です。カードは後日、指定の現住所に送られてくることになります。

カードが手元に届けば銀行やコンビニのATMなどを利用して即日カードローンを利用することが可能となります。カードローンは決して難しい手続きが必要なことは何もないのです。

審査について

カードローンは誰でもが気軽に申し込みをできる便利なカードです。最近はネット申し込むことが主流となっているのでより利便性が増しているといっても良いでしょう。

しかし、申し込みは簡単にできても誰しも必ずカードローンを利用できるとは限りません。

しっかりと審査が行われるのです。審査は申し込み時に入力をしていく個人情報をもとに進められます。名前に住所に年齢、電話番号は当然として勤続先や勤続年数、今の現住所の所在年数や個人年収や同居家族、他社における借り家の有無や借入金額などを元に審査が行われることになります。


銀行や消費者金融では各個人の信用情報を確認することができるので、それらを照らしあわせて審査が進んでいくことになります。

審査は主に返済能力があるのか、過去に延滞や不払い、自己破産や任意整理などの金融事故を起こしていないか、総量規制にひっかかることはないかなどを確認したうえでカードローンが作成できるのかどうか決められていくことになるのです。

審査途中には在籍確認が行われることもあります。本当に本人の意思で申し込みがされているのか、入力した勤務先に本当に勤めているかなどの確認の電話がかかってくるのです。大きな審査はこの部分でほぼ終わりとなります。

ここまでスルー出来ていれば後は必要な書類が提出できるかどうかだけとなります。必要書類は基本的に運転免許証や健康保険証などの身分証明書となりますが、場合によっては収入を証明する書類が必要となることもあります。

担保は必要なのか

ローンというものは昔は必ず担保もしくは保証人というものが必要となっていました。何らかの担保があって、保証人が付くことで始めてお金を借りることが出来るというのが普通だったのです。ところが、カードローンに関しては個人向けの少額融資となるのですが担保は不要となっています。

保証人も不要となっています。これはカードローンを利用する消費者にとっては非常にありがたいことです。非常に利便性が高い商品ということになるのです。銀行や消費者金融にとってはリスクが生じることになるのですが、保証会社がバックにあることや金利を高めに設定をすることでリスクの回避を図っているのです。

それだけではありません。昔と比べるとカードローンを作成するに当たり行われる審査の精度が上がったということも大きな原因となっていると思われます。信用情報を金融機関同士で共有できている点がかなりのリスク回避が出来る源になっているのです。

つまり、返済能力がないと思われる人への融資がかなりの確率で行われないようになってきたということになるのです。カードローンには担保が必要なものも存在しています。担保となる物はほとんどが不動産となります。

不動産は担保価値が高く貸し出しが可能な額も大きな金額が可能となっています。金利面も一般の無担保のカードローンと比べると低く設定されていることが多くなっています。

価値の高い不動産を持っている人は有担保のカードローンを利用したほうがメリットがある場合があるのです。